新着記事

コンビニ別

アイスコーヒー、ストロー無しで飲んだ方がおいしい説

アイスコーヒーは、ストローを使わず直接口を付けて飲んだ方が、最後までおいしく楽しめることに気付きました。
当記事は、その事について原理的なことを語ります。

気付いた経緯

①「セブン」よりも「ローソン」のアイスコーヒーが好きだった

まず僕は、世の中の全てのコーヒーの中でセブンカフェが大好きです。
そもそもコンビニコーヒーが好きなのですが、その中でもセブンが一番好き。

ちなみにセブンのアイスコーヒー(旧)はストロータイプです。

そんな訳でHotもIceもセブンのものを飲んでいたのですが、久しぶりにローソンでアイスコーヒーを買いました。

②「ローソン」の新容器は、ストローを使わない

確か環境保全かなんかの理由だったと思いますが、ローソンのアイスカップはストロー無しで、直接口を付けて飲む形状でした。

でも特に意識することなく、普通に一口飲んでみて「やっぱりセブンの方がおいしい」と感じました。

しかし最後の一口を飲んだ時に衝撃が走りました。

通常、アイスコーヒーは氷を溶かしながら楽しむドリンクである為、最後の方は薄まってしまいます。

少なくともセブンカフェの時はそうでした。
だから最後の方は惰性で飲んでいました。

しかしローソンのこのアイスコーヒーは、最後の一口までしっかりおいしい
最初の一口と全然味が変わってない!

 

この時、僕は理由が分かりませんでした。

単純に濃いめに作っているのか。
それとも氷が特殊なのか・・・。

とりあえずこの時に「アイスコーヒーに関しては、セブンよりローソンの方が好き///」になりました。

③「セブン」もストロー無しになった

そういえばいつの間にかセブンも、ストロー無しで飲めるようになりましたね。

こちらも表向きは環境保全だったと思いますが、どうも「アイスコーヒーを最後まで楽しめるようにするため」が本音なような気もします。

何故ストローを使わずに直接飲むと最後まで楽しめるのか?

セブンのアイスコーヒー(ストロー無しリッド)
セブンのアイスコーヒー(ストロー無しリッド)

氷には空気が含まれているので、水の中では沈まずに浮きます。
そして浮きながら溶けるので、溶けた水分はドリンクの上側に溜まります

さて、この「氷が溶けて薄まったドリンク」を、ストローを使ってドリンクの下側から吸い上げる飲み方をした場合、まだ氷溶け水の影響を受けていない下側から飲むことになるため、「前半は濃いドリンクを飲めるが、後半には極端に薄まったドリンクを飲むことになる」という状況になります。

対して「ストロー無し」で飲んだ場合、氷が溶けだした上澄うわみから飲むことになるため、「薄まり始めた部分から飲むことになるので、最後まで味が変化することなく楽しめる」という状況になります。

 

要約すると、

ストロー有り
下の方から吸い上げる為、最初だけ味が濃く、時間が経つと段々薄くなる
ストロー無し
氷が溶けだした上澄みから飲む事になる為、最初から最後まで味の変化を感じることが無い

という感じです。

アイスコーヒー、ストロー無しで飲んだ方がおいしい説:まとめ

というわけで、コンビニコーヒーの体験を通して学んだ「アイスドリンクはストロー無しで飲んだ方ががうまいよー(個人の感想)」という話でした。

一応、現時点では
・ローソン
・セブン
はストロー無しで飲めるリッドで提供されています。

・ファミマ
はストローが無いと飲めない形式ですが、家に帰ってフタを外して直接飲んでいます。

皆さん、お好きな方で飲みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ザ・コンビニ飯」の運営者

名前:ぱっかん(@pakkan316
「めっちゃ好き」というわけでは無いけれど、日頃から良く「コンビニ飯」を食べるので、それらをまとめてみてる。

自炊を全くしないのでコンビニに凄くお世話になっている。
朝食としてコンビニで500円とか使ったりするが、「勿体ない」とかではなく、「それ相応の感動体験を頂いてる」と自覚しているので、マジでコンビニ様には感謝しかない。

一番好きなコンビニは圧倒的にセブンイレブン。